テックワン株式会社 テックワン株式会社

高機能商品やプリント素材、複合素材、ナイロン、ポリエステルの合繊織物染色整理加工


私たちの環境に対する考え方について
About our view on the environment

 私たちが営む繊維加工は、顧客のニーズと期待を満たし、社会全体に対する貢献につながると信じています。一方でこの営みは、自然から得た水やエネルギーを使用し、加工の結果生じる廃棄物は地球環境への負荷に繋がる恐れがあります。この事実を正しく認識し、環境負荷の軽減に向けて継続的に努力していくことは、社会に対するさらなる貢献であるとともに、当社のより一層の発展につながるものと考えています。
 品質と環境は相反する概念ではありません。双方のPDCAサイクルは歯車のようにがっちりとかみ合い、互いに回転し改善し合い、私たちのものづくりをより高みへと推し進める力となります。

We believe that our textile processing will satisfy customer's needs and expectations ,and then will contribute to society as a whole. On the other hand, this operation uses water and energy obtained from nature, waste generated as a result of processing may lead to burden on the global environment. We believe that recognizing this fact correctly and making continuous efforts to reduce the environmental burden is a further contribution to society, and it will lead to further development of our company.

Quality and environment are not conflicting concepts. Both PDCA cycles fit solidly like a gear, they rotate and improve each other, which is the force to push our manufacturing towards higher level.

環境行動計画

テックワン株式会社は、人の生活と心をより豊かにするため、国際的視野に立脚したサービスを提供し、地域社会の発展に寄与する企業を目指しています。社会のグローバル化が急伸した現在、地球規模的な視点で、安全や環境を重視したものづくりを推進し、持続可能な発展に向けて、次の事項に取り組みます。

  • 薬品、染料、エネルギーの有効活用、無駄の削減
  • 排水に対する適切な処置による、環境負荷の軽減
  • 環境負荷がより少ない薬品、染料、エネルギーの使用

この方針に基づいて社員一人ひとりが積極的に環境保全活動に取り組むために、取組方針と取組目標及び具体的な取組内容を全社員に周知します。

平成30年7月25日

テックワン株式会社
代表取締役社長 竹田 忠彦

撥水性能における非フッ素化に向けた取組について
On efforts toward non-fluorination in water repellency

 当社は傘生地用超撥水加工である「ボンネット」シリーズをはじめ、撥水加工には定評があり、PFOA(パーフルオロオクタン酸)が本質的に含まれず、安全性が高いフッ素系撥水剤(C6)を用いて水のハジキが良く耐久性が高い撥水加工技術を開発して展開しています。
 現在は環境意識の高まりとともに、海外アパレルを中心にニーズが高い、フッ素化合物を全く用いない非フッ素系撥水技術を展開するとともに、更なる性能アップを目指して開発を継続中です。

Our company has a reputation for water repellent finishing, including "Bonnet" series which is ultra water repellent finish for umbrella fabrics as well as we have fluorine water repellent which is highly safe without essentially containing PFOA (perfluorooctanoic acid) (C6) to develop water repellent finishing technology with good water repellency and high durability.
Currently, with the rise of environmental awareness, we develop non fluorine-based water repellent technology that does not use fluorine compounds at all, mainly in overseas apparel, and also we are continuing development aiming for further improvement in performance.


TOPへ